沖縄でハイビスカスの魅力に魅せられて、育て始めた

沖縄でハイビスカスの魅力に魅せられて、育て始めた

ハイビスカスを育てていました。

中学校の修学旅行先が沖縄県でした。

 

それ以来沖縄県の魅力に惹かれてしまい自宅に居る時も少しでも沖縄を感じたいと思い数年前に赤いハイビスカスを育てました。
育て始めた当時は他県で一人暮らしの学生をしていました。
タイミング良くたまたま近くのスーパーに鉢で売られており、購入しました。
季節は晩春頃だったと思います。

 

自分で花を育てる経験は初めてで、とりあえずお水をあげて一番日の当たる場所に置いてみました。
鉢植えでまだ小さいつぼみがいくつかある状態でした。
ハイビスカスを手に入れた喜びとこれからどう育てたら良いのかと言う少しの不安が入り交じり何とも言えない気分でした。
ペットも飼ったことすら無い状況で育ったので、ふと命あるものとして何か重いものが肩に乗っかった気がしました。

 

そして毎日毎日数時間おきにハイビスカスを眺め観察し、土が乾きだしたら水やりを欠かさずにしました。
すると初夏の頃、それまで硬く緑色だったつぼみから赤い花びらが少し見えるようになってきました。
自分がお世話をしたものが少しでも成長してくれたとものすごく嬉しくなりました。

 

それからは他のつぼみも順調に育っていき、ついにあの沖縄県で見た赤く大きなハイビスカスが咲きました。
しかし喜びも束の間で花は日が沈む頃には落ちてしまいました。
驚いた私はまた色々調べ、その結果ハイビスカスの花は一日しか持たないと言うことを知りました。
ハイビスカスにとっては正しい成長の一つなのですが、花を育てる初心者の私としてはものすごくショックでした。

 

でもそれも成長過程の一つと受け入れてまたお世話をしました。
その後は次々と花を咲かせてくれるので、一人暮らしの地味な毎日が楽しくなりました。
卒業後に実家に戻ったのですが、その時も大事に持って帰り荷物の中で一番気を配りました。

 

実家でも数年は順調に育ってくれました。
生活が忙しくなる中でもお世話はしたのですが枯れてしまったみたいで昨年お別れをしました。
また時間がありましたら育てたいと思います。

 

人生で初めてあんなに大きな花束をもらい感動しました。

 

普段生活していて花束を貰う機会は少ないと思います。
その中でも花束を貰ったり、送ったりするのは何か特別な行事の時ではないでしょうか。
私はお花に関しての知識もないですし、お花の名前もポピュラーなものしか分かりません。以前私がお付き合いしていた男性はロマンチストな部分があって初めての私の誕生日の日に、イタリアンレストランへ連れて行ってくれました。普段行かないお店なので周りの雰囲気に圧倒され、ジャズなんかが流れていてやはりコース料理で、緊張してびっくりしてあまり味は覚えていませんがとても美味しかったという記憶はあります。

 

イタリアンレストランへ着いて彼は手慣れた感じでコース料理を2人前オーダーしました。このしっとりとした雰囲気と赤ワインで気分良くなっているところに最後のデザートの前でなんと大きな大きな花束が店員さんから運ばれてきました。メッセージカードにはハッピーバースデーの文字と私の名前が書かれていました。

 

こんな立派な花束を貰った事がなかったので感極まって涙が溢れてきました。プロポーズでもされてるのではないかと周りの人たちはじろじろと私達の方を見てきましたが、そんなこともおかまいなしでありがとうを彼に何回言った事でしょう。本当に嬉しかったのです。お花に興味のなかった私でもこんだけ豪快な花束を受け取るとお花って貰ってとっても嬉しいんだなと思いました。

 

その時彼からも貰った花束は自分でできる花束の保存方法を参考に少しでも長く綺麗な状態で見ていられるようにしていました。
将来彼からプロポーズされたら、その時は一生見れるプロの保存方法をしてもらうと思います。

 

それからは毎年彼は私に花束をプレゼントしてくれるようになりました。誕生日だけでなく、何かの記念日のときや特別な日に誕生日の時ほど大きくはないですが、気持ちのこもった可愛らしいピンクと赤でいっぱいの花束をくれます。何度もらっても、感動は変わりません。

 
 
ホーム RSS購読 サイトマップ